WordPressプラグインでモバイルスピードを20→89に改善【おすすめ紹介】

WordPessプラグインの数が多くて何を使うべきか悩んでいませんか?

本記事でおすすめのプラグイン8個を紹介します。

今回の記事はこんな悩みをもったあなた向けの記事
悩み
WordPressプラグインの選び方がわからない...
悩み
プラグインを使ってSEO対策をしたい...

この記事では上記のような悩みを持つあなた向けに、次のことが書いてあります。

本記事の内容
  • WordPressプラグインの選び方
  • おすすめWordPressプラグイン(SEO対策あり)

この記事を最後までの読み進めることで、「WordPressプラグイン」について理解が進みます!

この記事の信頼性
この記事を書いている僕の経歴は以下のとおり。

  • アフィリエイター歴7年
  • 広告代理店で広告運用がメイン

現在は本業と並行してブログ・SNSでアフィリエイトで稼ぐための情報を発信しています。

僕の副業実績の一部は以下のとおり。

本記事ではWordPressでブログを立ち上げていることを前提に解説していきます。

>> WordPressブログの開設方法を知りたい方は以下の記事をご覧ください。

WordPressのプラグインの選び方

WordPressのプラグインの選び方

WordPressプラグインの選び方を解説します。

WordPressプラグインを選ぶ際には以下の点に気をつけるといいでしょう。

  • 最低限のSEO対策はできているか
  • ブログに必要な機能は揃っているか
  • サイトスピードは遅くなっていないか
  • プラグイン同士が競合してデザインが崩れていないか

あなたがWordPressブログ初心者であれば、ブログの見た目以前に、「最低限のSEO対策」から進めていくのがいいでしょう。

ブログを書いて多くの人に読んでもらうためには、書いた記事が検索結果で上位表示される必要があります。

立ち上げたばかりのブログは一般的にはSEO対策が弱いと言われていますが、SEO対策を克服するためのプラグインも存在します。

さっそくおすすめのWordPressプラグインを紹介していきたいと思いますが...

Googleサーチコンソールの登録は終わっていますか?

先にGoogleサーチコンソールに登録し、SEO対策の基盤を作っておくことをおすすめします。

>> Googleサーチコンソールの登録方法はこちら

WordPressおすすめプラグインの紹介

WordPressおすすめプラグインの紹介

WordPressのおすすめプラグインを紹介します。

僕は以下の8つのプラグインを活用し、サイトスピードも89まで改善できています。

  1. Autoptimize
  2. WP Fastest Cache
  3. EWWW Image Optimizer
  4. PS Auto Sitemap
  5. Google XML Sitemaps
  6. WebSub/PubSubHubbub
  7. Contact Form 7
  8. Easy Table of Contents

サイトスピードは以下のとおり。
※改善前のスコアは取り忘れましたが20しかありませんでした...

モバイルサイトスピード

本記事ではサイトスピードの改善も「SEO対策の一環」として扱っています。

ブログの表示速度が遅い場合は、Googleにユーザービリティが悪く「離脱率」や「遷移数」などの指標を悪化させる原因です。

結果として...

検索結果が下がってしまう可能性があります

>> サイトスピードを確認する

PageSpeed Insights - Google Developers

WordPressプラグイン|SEO対策

SEO対策に適したWordPressプラグインを紹介します。

Autoptimize

主要なリソースを簡単に軽量化・圧縮してくれるプラグインです。

主にサイトスピードの改善に役立ちます。

WP Fastest Cache

サーバー上で事前にページを生成し、キャッシュとして保存しておくことで、表示速度を改善するプラグインです。

主にサイトスピードの改善に役立ちます。

EWWW Image Optimizer

画像を劣化させることなく圧縮し最適化できるプラグインです。

主にサイトスピードの改善に役立ちます。

PS Auto Sitemap

サイトの投稿や固定ページをサイトマップで一覧表示してくれるプラグインです。

Googleにサイト構造を認識させ、インデックスされやすくなる効果を持ちます。

Google XML Sitemaps

簡単にXML形式のサイトマップを生成できるプラグインです。

Googleにサイト構造を認識させ、インデックスされやすくなる効果を持ちます。

WebSub/PubSubHubbub

いち早くインデックスしてもらうための仕組みを簡単に利用できるようになるプラグインです。

Googleにサイト構造を認識させ、インデックスされやすくなる効果を持ちます。

WordPressプラグイン|ブログの見た目対策

Contact Form 7

簡単に問い合わせページを作成できるプラグインです。

Easy Table of Contents

簡単に目次機能を作成できるプラグインです。

WordPressプラグインの入れ過ぎには注意【対策あり】

WordPressプラグインの入れ過ぎには注意【対策あり】

WordPressプラグインは非常に便利です。

ブログ初心者はついつい数を増やしすぎてしまう傾向にあります。

WordPressプラグインを大量に導入すると以下のデメリットが生じます。

  • サイトスピードが遅くなる
  • プラグイン同士が競合しデザインが崩れる

特にブログのデザインを華やかにするようなプラグインはサイトスピードを遅くします。

本記事で紹介したように本ブログでもデザイン関連のプラグインは「2つ」にとどめています。

ではプラグインに頼らず、どのようにデザインを改善しているかというと...

有料WordPressテーマを導入し、テーマの機能を活用しています。

有料のWordPressテーマを活用することで、プラグインに頼らずにデザインやカンタンなSEO対策を行っています。

>> おすすめWordPressテーマを確認する

WordPressプラグインまとめ

WordPressプラグインまとめ

WordPressのプラグインを紹介してきました。

数千あるプラグインからベストを選ぶのは至難の技です。

まずはおすすめプラグインを試し、徐々にあなたなりの組み合わせを見つけていくのがいいでしょう。

  • Autoptimize|SEO対策(サイトスピード)
  • WP Fastest Cache |SEO対策(サイトスピード)
  • EWWW Image Optimizer |SEO対策(サイトスピード)
  • PS Auto Sitemap |SEO対策(インデックス)
  • Google XML Sitemaps |SEO対策(インデックス)
  • WebSub/PubSubHubbub |SEO対策(インデックス)
  • Contact Form 7 |デザイン対策
  • Easy Table of Contents |デザイン対策

人気記事

Twitterで最新情報をチェックしよう