楽天の法人カード【楽天ビジネスカード】

法人カードがわからない、楽天ビジネスカードの特徴がわからないと悩んでいませんか?

本記事では法人カードと楽天ビジネスカードの特徴について解説します。

今回の記事はこんな悩みをもったあなた向けの記事
悩み
法人カードが何なのか分からない...
悩み
楽天の法人カード【楽天ビジネスカード】の特徴がわからない...

この記事では上記のような悩みをもつあなた向けに次のことが書いてあります。

本記事の内容
  • 法人カードの解説
  • 楽天の法人カード【楽天ビジネスカード】の解説

法人カード(楽天ビジネスカード)ではなく、通常の楽天カードについてのメリットは以下から確認確認できます。

おすすめ記事楽天カードおすすめ!高還元率!大量ポイント獲得可能

チバログ

\13,000円還元キャンペーン実施中/

楽天ビジネスカード紹介の前に法人カードについて説明

法人カードを解説する人

本章では法人カードとは何なのかについて解説していきます。

結論、経理業務の効率化ができる、個人事業主・企業向けのクレジットカードです。

法人カードとは?

法人カードとは、会社や個人事業主などの「企業・法人」が発行できるクレジットカードです。

名義は企業・法人に属する「個人」になり、法人カードを使用できるのは、カードに記載されている個人のみです。

法人カードと個人カード違いは?

法人カードには「会社決済型」と「個人決済型」の2つの支払い形態があります。

会社決済型は法人口座、個人決済型は個人口座から利用金額が引き落とされます。

個人カードには家族カードを発行することができますが、法人カードでは社員にカードを発行することができます。

一方で、個人カードではキャッシングを利用できますが、法人カードでは、

個人事業主や海外利用以外では原則利用できません。

法人カードを利用するメリットは?

次に法人カードを利用するメリットを、「個人事業主」と「一般企業」に分けて解説します。

個人事業主が法人カードを利用するメリット

プライベート(個人的)なクレジットカードの利用と、仕事による(接待など)のクレジットカードの利用の明細を切り分けることができます

経費として計上するものを法人カードでの支払いに統一することで、経費精算処理の効率化が可能です。

企業が法人カードを利用するメリット

企業が導入する場合にも経費精算処理の効率化が可能です。

社員の会食や出張による支出を社員に発行した法人カードで行うことで、煩雑(はんざつ)な経理業務がなくなります。

いつ・誰が・いくら使ったのかを管理できるため、誰でも宛名を書き換えできてしまう紙の領収書よりも信頼性も高くなる点もメリットとして挙げられます。

\13,000円還元キャンペーン実施中/

楽天の法人カード【楽天ビジネスカード】のご紹介

楽天の法人カード【楽天ビジネスカード】

本章では法人カードを理解したあなたに、楽天ビジネスカードについて解説していきます。

楽天ビジネスカードは、楽天プレミアムカードと親子関係にあるため、楽天プレミアムカードの発行が大前提になる法人カードです。

楽天ビジネスカードについては、以下6つの観点で解説していきます。

  1. 楽天ビジネスカードの概要
  2. 楽天ビジネスカードの年会費
  3. 楽天ビジネスカードで選べる国際ブランド
  4. 楽天ビジネスカードの基本還元率
  5. 楽天スーパーポイントは個人に集約可能なのか
  6. 楽天ビジネスカードの申し込みに必須な楽天プレミアムカードの特徴

楽天ビジネスカードの概要

楽天ビジネスカードは楽天プレミアムカードの「追加カード」です。

楽天ビジネスカード発行のためには、楽天プレミアムカードの申し込みが必須です。

2枚で1つという特殊なカードなので、以下で楽天ビジネスカードと楽天プレミアムカード両方の特徴を紹介します。

内容楽天ビジネスカード楽天プレミアムカード
年会費2,000円(税別)
※ETCカード無料付帯(2枚目以降税別500円)
10,000円(税別)
※ETCカード無料付帯
国際ブランドVISAVISA、Mastercard、 American Express、JCB
基本還元率1.0%1.0%
SPU還元率最低5.0%最低5.0%
利用限度額楽天プレミアムカードと合計で最大300万円楽天ビジネスカードと合計で最大300万円
プライオリティ・パス-無料発行可能
ショッピング保険-年間300万円
旅行傷害保険-国外旅行:最高5千万円(家族特約あり)
国内旅行:最高5千万円(家族特約あり)
国内空港ラウンジ-無料利用可能

基本的な機能は楽天プレミアムカードと同じです。

特筆すべき点としては、楽天市場での決済を楽天ビジネスカードで行った場合も、5.0%のポイント還元がある点は非常に優秀です。

会社の備品を楽天市場で購入することで、ポイントが貯まるような仕組みです。

楽天ビジネスカードの年会費は?

楽天ビジネスカードの年会費は2,000円(税別)です。

ETCカードは1枚目が無料で、2枚目以降は年間500円(税別)の年会費がかかります。

ここで注意すべき点としては、

楽天ビジネスカードは楽天プレミアムカードの追加カードであるということです。

つまり、楽天プレミアムカードの年会費10,000円(税別)を支払う必要があります。

楽天ビジネスカードで選べる国際ブランドは?

楽天ビジネスカードで選べる国際ブランドは「VISAのみ」です。

VISA自体はシェア率の高い国際ブランドなので、利用場所に困ることはないと思います。

法人カードの国際ブランドがVISAの場合、「VISAビジネスオファー」というVISAのサービスを受けることができます。

VISAビジネスオファーでは、飲食店での割引にビジネスシーンで役立つ優待サービスなど、経費削減に役立つサービスが取り揃えられています。

VISAビジネスオファーの詳細はこちら

楽天ビジネスカードの基本還元率は?

楽天ビジネスカードの基本還元率は1.0%です。

ほとんどの法人カードの還元率が0.5%であることと比較すると、かなり高い還元率です。

1.0%になるための特別な条件も特にないので、常に高還元率の状態です。

楽天スーパーポイントは個人のアカウントに集約できる?

楽天スーパーポイントは個人アカウントの楽天スーパーポイント口座に集約可能です。

「楽天プレミアムカードの楽天スーパーポイント口座(個人用)」に貯まる仕組みになっています。

経費の支払いでポイントが貯まる点はとても大きなメリットの一つです。

楽天ビジネスカードの申し込みに必須の楽天プレミアムカードとは?

海外旅行に行く人におすすめの楽天カードが、楽天プレミアムカードです。

通常であれば有料のプライオリティ・パスが無料で付帯されます。

プライオリティ・パスは海外主要空港にある、1,300箇所以上の空港ラウンジが利用可能になる権利です。

通常であれば年間429ドル、日本円で4万円以上の年会費が掛かる有料サービスです。

楽天プレミアムカードの詳細は以下の記事でも紹介しているので、参考になると思います。

関連記事楽天ゴールドカードに切り替え!おすすめタイミング!
関連記事僕が楽天プレミアムカードをMastercardで発行した理由

\13,000円還元キャンペーン実施中/

( 今だけ!キャンペーン実施中! )「楽天ビジネスカード」は「楽天市場」を利用する法人代表者や個人事業主におすすめの法人カード

「楽天ビジネスカード」は「楽天市場」を利用する法人代表者や個人事業主におすすめの法人カードと言えます。

所有には楽天プレミアムカードの年会費も支払う必要がありますが、日本円で4万円ほどするプライオリティ・パスが無料付帯するなど、その価値は高いです。

なんと現在、新規入会者向けの、期間限定キャンペーンが実施されています!

楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードを同時申し込みすることで、3,000円分のポイントがもらえます!

さらにさらに、

楽天プレミアムカードの新規入会キャンペーンも同時開催中で、こちらは13,000ポイントがもらえます!

今だけ限定の期間限定のキャンペーンなので、楽天ビジネスカードが気になる方は、この機会にお申し込みをおすすめします。

\13,000円還元キャンペーン実施中/

関連記事楽天カードはクレジットカードで悩む全ての人におすすめ
関連記事楽天ポイ活で稼ぐならブログの立ち上げがおすすめ

Twitterで最新情報をチェックしよう