転職サイト 転職エージェント おすすめ ランキング doda リクルートエージェント ビズリーチ パソナキャリア マイナビエージェント 求人 転職活動

おすすめの転職サイトを知りたいと悩んでいませんか?

ランキング形式でIT職にも使える転職サイトを紹介します。

今回の記事はこんな悩みをもったあなた向けの記事
悩み
どこの転職サイトがおすすめなのかわからない...
悩み
IT転職にも強いサイトに登録したい...

この記事では上記のような悩みを持つあなた向けに、次のことが書いてあります。

本記事の内容
  • 転職サイトおすすめランキングTOP5
  • 転職に役立つサービスの紹介

この記事を最後までの読み進めることで、「おすすめの転職サイト」について理解が進みます!

【この記事の信頼性】

僕のキャリアは以下のとおり。

  • 上場会社役員
  • 年間数十人以上の面接

面接を行う側として、様々な転職サイト・エージェントを活用しています。

転職サイトを運営している会社の人柄や、実績から独自にランキングを作成しました。

以下の転職サイトに登録しておけば、ほぼすべての会社を網羅できます。

ランキングサービス名運営会社おすすめ度
1位リクルートエージェント株式会社リクルートキャリア★★★★★
2位doda転職エージェントパーソルキャリア株式会社 ★★★★★
3位ビズリーチ 株式会社ビズリーチ★★★★★
4位パソナキャリア株式会社パソナ★★★★★
5位マイナビエージェント 株式会社マイナビ ★★★★・

どの転職サイトに登録するか迷ったら...

TOP5すべてに登録することをおすすめします。

すべてに登録すべき理由は以下。

  • 会社ごとに持っている案件が異なる
  • いい転職を握るカギは、いい担当に出会うこと

特に後者の「いい担当」と出会うことは重要。

いい担当と出会うのは至難の技で運要素も強いです。

そのためすべてに登録し、各社の比較を自ら行う必要性があります。

転職サイトおすすめランキングTOP5

転職サイトおすすめランキング1位:リクルートエージェント

リクルートエージェント
公開求人数非公開求人数運営会社おすすめ度
50,000200,000株式会社リクルートキャリア ★★★★★

サイトURL: https://www.r-agent.com/

■リクルートエージェントについて

リクルートエージェントは圧倒的な求人数、転職支援実績で顧客満足度No.1と評判が高いです。


実績豊富なこのエージェントはほとんどの業界の求人を扱っており、悩むことなく登録しておいて損はないです。

転職サイトおすすめランキング2位:doda転職エージェント

doda転職エージェント
公開求人数非公開求人数運営会社おすすめ度
50,00070,000パーソルキャリア株式会社 ★★★★★

サイトURL: https://doda.jp/consultant/

■doda転職エージェントについて

パーソルキャリアのdoda転職エージェントは求人情報サービス・人材紹介サービスを提供する転職サイトです。

非公開求人を含む10万件以上の求人から、自身の強みや個性から企業探しをしてくれます。

dodaの転職サイト内で誰でも見ることができる「転職企業人気ランキング」も転職の強い味方として活用できます。

今すぐ無料登録

転職サイトおすすめランキング3位:ビズリーチ

ハイクラスのビズリーチ
公開求人数非公開求人数運営会社おすすめ度
111,000-株式会社ビズリーチ ★★★★★

サイトURL: https://www.bizreach.jp/

■ビズリーチについて

ビズリーチはテレビCMでも見かけない日がない程人気のサービスになってきています。

その理由がハイクラス転職。現在の年収が500万円以上で、さらに年収をアップさせたい人、

キャリアアップを狙っている人、30~40代で、職務経験が豊かな人は是非登録をおすすめします。

今すぐ無料登録

転職サイトおすすめランキング4位:パソナキャリア

パソナキャリア
公開求人数非公開求人数運営会社おすすめ度
15,30024,500株式会社パソナ ★★★★★

サイトURL: https://www.pasonacareer.jp/

■パソナキャリアについて

パソナキャリアは上位3サービスと比較して求人数は少ないです。

とは言え合計約4万求人ありある程度の業界はカバーできています。

求人数が少ないのも背景にあるのか、提案の質と幅は最も広いようにも思えます。

現職とは全く異なる分野への転職も考えている方は、登録しておくと良い気がします。

今すぐ無料登録

転職サイトおすすめランキング5位:マイナビエージェント

マイナビエージェント
公開求人数非公開求人数運営会社おすすめ度
50,00020,000株式会社マイナビ ★★★★

サイトURL: https://mynavi-agent.jp/

■マイナビエージェントについて

マイナビエージェントは20代でキャリアが浅い人におすすめな転職エージェントです。

転職経験がない若手に向けて業界職種に精通したキャリアアドバイザーからの

転職活動アドバイスや転職ノウハウなどの情報提供を受けられるサービスです。

無料登録こちら

転職サイト以外のおすすめ転職サービス

キャリトレ

キャリトレ

■キャリトレについて

キャリトレは、20代~30代前半向けの「これからのキャリアアップ、新しいチャレンジ」を目指す社会人におすすめの転職サービスです。

レコメンド機能に力を入れており「興味がある」企業や、

自分の経験にマッチした企業を提案してくれます。

運営会社はビーズリーチということもあり求人の質は間違いなく高いです。実は私がよく使うサービスの一つでもあります。

中にいるエージェントの質が良く、企業探しに活用しています。

今すぐ無料登録

リクナビNEXT

リクナビNEXT

■リクナビNEXTについて

リクルートキャリアが運用する、国内でも知名度No1の転職サイトです。

キャリトレ同様に最近ではAIによるリコメント機能が発展してきている印象です。

大手どころじゃないと信用ができないという方は登録しておくべきな気がします。

今すぐ無料登録

type転職エージェント

転職エージェント

■type転職エージェントについて

type転職エージェントは年収アップ率71%と非常に高い確率で転職者の年収アップに成功しているサービスです。

選考が進むにつれ、気になるのが採用後の給与について。

自分からはなかなか確認できないポイントをtype転職エージェント企業と交渉してくれる点が非常に良いです。

年収アップしたい人は必ず登録すべきです。

今すぐ無料登録

転職サイトと併用することで転職が有利になるおすすめサービス2選

転職サイト、転職エージェントは基本的には紹介する企業の良い側面をアピールしてきます。

良いところだけでなく、悪いところ、過去の社員はなぜ辞めてしまったのかなどの情報は

会社選びの上で非常に重要な情報となってきます。

より詳細に会社を調査する目的で、以下の2つは登録しておくと役立ちます。

ミイダス

ミイダス

■ミイダスについて

ミイダスは現在の自分がどれくらい市場価値(年収)があるのか調べることができるサービスです。

自分の市場価値(年収)を知ることは、転職活動時の年収交渉において重要なので、しっかりと把握しておくと良いです。

逆に市場価値を知らないということは、

オファーされた年収の妥当性を判断できない理由になってしまい、損をしてしまう可能性があります。

そうならないためにも今すぐ登録し、正しく自己分析するのをおすすめします。

今すぐ無料登録

転職会議

転職会議

■転職会議について

転職会議は実際に働く人の声が見れる口コミサイトです。

どんなやりがいがあるのか、社内の雰囲気はどうであるか、どんな人が働きづらいかなど、

通常の面接シーンでは知ることのできない情報が数多くあります。

年収だけでなく職場環境を優先した転職活動をされる方は是非登録をおすすめします。

今すぐ無料登録

たった一度の人生、どうせならわがままに転職しよう

転職サイト おすすめ ランキング 転職エージェント 退職 高収入 

実際に転職活動をしてみると分かるのですがかなり時間を取られます。

日中通常通りの仕事をしながら面談日程を組み、夜もしくは朝一で面談に赴くということがほとんどかと思いますが、思っている以上に労力の掛かる仕事です。

通常の転職サイトだけでなく、転職エージェントに登録することで、

自分にあったキャリアプラン、業界、職種を絞りつつ、

ある程度絞れてきたら転職サイトで自分でも探してみる。

実際の評判は転職会議などのサービスで確認するというような活動の仕方が効率が良いと思います。

転職はしたいけど、まだ本腰入れているわけではないという方も、今すぐ登録しておくのをおすすめします。

スカウトメールが届くと意外と嬉しい感情が湧いてきて本腰入れて業界研究などを行うきっかけになります。

1点注意が、エージェントも人です。自分と合う合わない人が存在するのが事実です。

あなたのキャリアに対して本気で向き合ってくれない担当がいた場合は、担当を変えてもらうか、そのエージェントを活用することは止めましょう。

人生における大事な転換期を、無駄な時間に使う必要はないのです。

たった一度の人生、多少わがままなくらいが転職活動においてはちょうど良いです。

具体的な転職に関する考え方については、以下の記事を参考にしてみてください。

Twitterで最新情報をチェックしよう