経営課題 まとめ

自分の会社で過去から現在にかけて経験した課題の中でも、各社・各業界にも当てはまるであろうものを記事としてまとめています。

経営者だけでなく、マネージャー以上の方におすすめです。

箇条書き形式で、まとめていきます。

経営の仕事・責任とは何なのか

そもそも経営の仕事、責任って何だろう

  • 組織を通じて業績(成果)を上げること
  • 成果を通じて社会貢献すること

責任を果たすための重要ポイントは何か

  • 社長(一人)ではなく、経営チームとして役割、責任と権限を任せる状態を作ること
  • 経営者が成果を出すために自分が得意な仕事だけに集中できる状態を作ること

今の自分(達)の状態はどうだろう

経営(経営チームの構造)

取締役筆頭に、何にコミットしているのかわからない

  • 経営(と名の付く会議に参加する人)の役割は業績を上げること
  • 事業も経営本部(管理、人事)も機能の違いでしかなく、すべては業績のため
  • 責任と決定権。誰が何に責任と権限を持つか、が不明瞭
    • 責任:なすべき務めとして、自身で引き受けなくてはいけないもの
    • 権限:あるべき成果をあげるために、自分で決められる範囲のこと

チームで経営ができていない

  • 個々人(各事業)の積み上げが経営計画であり、経営っぽいことをしている
  • チーム戦ではなく個人競技、その結果の寄せ集め
  • チームで動くためのお互いの役割・責任を感じていない

たぶん、無意識的に社長の考える正しさを優先している

  • 遠慮?
  • 怒られるのが嫌?怖い??
  • 本音の対話はなく、コミュニケーションや認識のズレが生じる
  • 以降、お互いに違和感や言えない感情を抱える(負のスパイラル)

経営・事業(組織、事業運営の仕組み ※能力に依存しないオペレーション)

当たり前を当たり前にできていない

  • 目標、実行、振り返り(判断)、評価
  • 個人も経営も目標設定が大事(というよりないと結果論を繰り返す、場当たりな行動、継続的な成果につながらない)
  • 事業も組織も経営の目標を達成するために当たり前を当たり前に

結果責任と実行責任がマッチしていない

  • 結果責任=例えば担当役員
  • 実行責任=例えば担当マネージャー
  • いまの組織状態においてはマネージャーが結果責任も持っているのでは?
  • 結果を左右する事業方針、目標設定、目標実現の方法と実行の切り分け
  • できないメンバーにできないことを任せ、結果できない(やり方不明瞭、迷子)

同じ過ちを繰り返す(なぜ同じ過ちを何度も繰り返すのか)

  • 振り返りをやる習慣がない
  • 結果として先送りしない
  • 成果についてのみ振り返り、評価や反省をする人
  • できた/できないにしか興味がなく、できない場合は次こそは…と再挑戦するだけ
  • そして犯人探し、誰が悪いの繰り返し

曖昧を許容する

  • 興味がない?
  • 諦め?
  • 好き嫌いの感情?
  • 責任の捉え方、持たせ方?(手を上げた者負け)

解決に向けて必要なポイント

組織の生活習慣病を改善

  • 負の遺産、感情、仕組みが積もり積もった状態
  • 悪いものは出す(苦しみを伴う決断)

やめる勇気と変わる勇気

  • 変えること、変わることに対して抵抗するのはメンバーや組織ではなく、経営者自身
  • 自分の下した意思決定や、自分のやり方、考え方 結果を出すことを最優先するなら、自分を否定して自分自身を変える必要がある
  • できない自分を認めることからスタート

継続性ある実行

  • 成功している企業は当たり前のことをきちんと実行している、基本に忠実である
  • 反対に基本から外れている場合、短期的な成功はあっても長期的に続くことはない
  • 上記記載した課題との向き合い方、自分自身を変えることがスタート地点(ここに立つか立たないか)

最後に:自分は何がしたいのか

  • 経営に近いところで事業統括をしている身
  • 今の事業にワクワクしているかというと、ワクワクできていない
  • 今後の未来に楽しみはあるかというと、楽しみには現状見えていない
  • むしろ、自ら作り出せと言われる状況
  • 代表が好きなのか?事業が好きなのか?思想が好きなのか?
  • どれかと言うと思想&事業
  • 思想は変わっていない気がするが、事業ドメインは大きく変わってきている
  • 自身のマネジメントスタイルとしてメンバーの給料アップを掲げてきたが、現状は自ら手放している状況
  • この会社での目標は?もちろん存続だけじゃなく永続的な成長
  • 自分のやりたいことがない中で、自身の存続は必須なのか

箇条書きスタイルで進めてきた本記事は、かなり個人的感情が入っているようにも思われますが、実はこの内容、これまで数名の経営者に見せてきたところ、かなりの確率で理解されました。恐らく同様の道をみんな歩んでいるのだと思います。

経営者として会社成長にコミットしようとすると、楽ではなくむしろ苦の方が多いです。その苦はなかなか人に言えないことばかりです。人に言えないず発信できないまま自分の心と体を壊していく人を数多く見かけます。

無理しないでください。同じような悩みを持っている人は数多く存在します。なめ合いはしたくないですが、助け合いはしたいです。もしもちょっとでも共感できる人は、Twitter等で絡んでいきましょう。

Twitterで最新情報をチェックしよう